読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人生詰んでる人が富士山頂上を目指すだけの話のその後

人生詰んでるぼっちが、素人ながら富士山に登り終え、その後の登山日記

秋を告げる剣

えー。パクリもいい所のタイトル……

日付は少し前ですが秋の登山へ

そんな訳で、登ってきたのは、四国の剣山です

標高2000m近くあるこの山は山頂付近はすっかり秋

紅葉狩りの時間となりました

 

まずは徳島県までが遠い遠い…

そして行ったら行ったであいにくの曇り空

しかし、それだけのハンデを追っても、

なおあまりある絶景の数々をご覧ください

f:id:adera:20161022191334j:plain

まずは登山道から見上げる山頂

なかなかの佇まいですね

f:id:adera:20161022190933j:plain

f:id:adera:20161022190937j:plain

f:id:adera:20161022190941j:plain

f:id:adera:20161022191001j:plain

登山道にはあちこちに色づいた木々

気温も涼しくて、もうすっかり秋です

空が白いのが残念ですが、紅葉はとってもキレイでした

 

f:id:adera:20161022191017j:plain

f:id:adera:20161022191316j:plain

次第に広がる視界

絶景への期待が高まります

f:id:adera:20161022191120j:plain

こんな鳥居を抜けると山頂はもうすぐ

f:id:adera:20161022191054j:plain

山頂は自然保護のためこのような木道の上を

歩いて移動します。

氷ノ山と一緒ですね

そして……

 

 

 

 

f:id:adera:20161022191248j:plain

山頂の向こう側、

目の前に突如現れる、もう一つのピーク次郎岌…

さすがの百名山からの絶景です

思えばこの半年の登山人生、富士山という例外を除けば、

こんな絶景に出会ったのは初めてです

f:id:adera:20161022191057j:plain

f:id:adera:20161022191031j:plain

上2枚は次郎岌への縦走路からの写真

歯がゆいんですよ

写真で何故、あの色合いが出ない…

本当は下の写真みたいに

赤、黄色、橙が奥の山肌まで全体を包み込んだ

超絶絶景なんですよね。上の2枚……

写真の奥は深い

f:id:adera:20161022191022j:plain

f:id:adera:20161022202002j:plain

 

 

そんなわけで、次郎岌を含め、

百名山の一座を

また一つ制圧しました

f:id:adera:20161022191309j:plain

 

 

 

さて、そろそろ、登山もオフシーズンに入りますね

最後は愛宕山かなあ……

まあ、六甲山とかなら、雪さえ降らなければ冬でも……

 

 

※一人で登山は危険です。
素人で山に行く人は可能な限り複数名で(←おまいう)
また、一つの山を登山するには念入りな下調べと準備が必須です
このブログは基本、素人の情報寄せ集めなので
実際登山する人は、このブログを参考にしてはいけません
しかるべき情報元を参考に、

安全で楽しい登山を