人生詰んでる人が富士山頂上を目指すだけの話のその後

人生詰んでるぼっちが、素人ながら富士山に登り終え、その後の登山日記

六甲全山縦走大会3 ~宿敵~決着の時と、終わらない坂道

3.絶望と仲直りする

 

f:id:adera:20171103190529j:plain

全山縦走名物、菊水山の登り。その入り口付近

今日は人が多かったので、この写真は前回撮ったヤツ

 急な階段と坂が延々と続くこの道

別名、縦走者殺し(←俺が名付けた

 

 

最初に経験したのは、去年の7月

見事に洗礼を受けました

登り切った後、

え?まだ全山縦走の3分の1も行ってないの?ここ?って感じの絶望

以来、このコースを歩くたびにずっと、苦しめられてきました

以前、途中撤退した時も、ここは本当につらかったな

特に、ここ一か月ちょっとは縦走の練習にと

随分、歩いてきたような気がします

今日はキッチリ、決着をつけさせてもらいましょう……

(↑だから何の決着だ?

 

しかし………

 

渋  滞!!!

orz……

 

またかよ………

考えてみれば 

菊水山の頂上は、縦走大会では一つ目のチェックポイント

どうしても人の流れが集中してしまう

加えて、あの急坂でみんな、足も遅くなる

当然と言えば、当然か

 

 

ノロノロと歩きながら登っていると……

f:id:adera:20171113163538j:plain

いつの間にか、頂上へ

そして、ふと気づく

 

あれ?あんまり辛くない

いつも、フラフラして倒れ込むように頂上で座り込むのに

これは……渋滞でノロノロと歩いたせい?

急がずに歩けば、この急坂もそんなに辛くなかったってこと?

いつも、タイムを気にしたり、一気に登り切ってやろうとか

誰も得しない事ばっかり気にして登っていたから辛かったのか……

もっと、いつも穏やかな心でのんびり登っていれば……

これが「絶望と仲良くする」って奴か……(←直近に見たアニメネタ

 

菊水山「やっと気づきおったか」

俺「!!」

菊水山「心を常にそこに置き、しかと敵を見定めよ。恐怖の正体は、実は己のマブタだったりするものじゃよ」

俺「あ、あなたはまさか……」

菊水山(バサっ

↑何かを剥ぎ取る音

俺「(死んだはずの)師匠ーー!!」

師匠「そう、不死鳥は何度でも甦る」

天の声「このネタオチあるの?」

 

さて、もう何から突っ込んでいいのかわからない、早起きと疲労のテンションは置いておいて…

 

チェックポイントでハンコを貰うと

休憩もそこそこに出発(←たいして疲れなかったんで

さらば、菊水山

きっとまた会いにくるさ

 

4.折り返し地点にて

 

菊水山の下りでも若干渋滞

しかし、渋滞らしい渋滞はこれで最後だったりする

 

続く鍋蓋山の登り

ここも、いつも結構しんどいんですが

菊水山で出来た体力の貯金のおかげで

なんとか、歩けました

ただ、何気に、渋滞が解けてきた分

早足になり過ぎて、しんどくなったりはしました

そして……

 

f:id:adera:20171113173550j:plain

f:id:adera:20171113174212j:plain

 紅葉がきれいな市ケ原へ到着

ちょうど12時過ぎくらいだったかな

6時間30分か……

あれ?先週とあんまりタイム変わら無くね?

渋滞のロス結構取り戻しちゃった?俺

天の声「ヒント・昼休憩まだ」

あ……っていうか、ヒントちゃうやん答えやん

いや、でも30分くらい

いや、でも、一時30分以上ロスってたやん

先週、昼休憩30分もしてないし……

天の声「ヒント・高取山でお参り」

あ……っていうか、ヒントちゃうやん答えやん

せやった、先週は、色々より道しながら歩いたんや

この晴天は、俺のおかげですぜ、縦走参加者の皆さん(←うぬぼれも甚だしい

 

まあ、なんにせよ、これで折り返しですわ

この後に続くのは……

摩耶山の登り……orz

角度は菊水山よりは緩いものの

全山縦走中、最長にして高低差も最大の上り坂

早く歩いても1時間半くらい摩耶山上の掬星台までかかります

足が元気な状態ならな

 

毎回思います

高取山の登り降り

菊水山の登り降り

鍋蓋山の登り降り

そして摩耶山への登り

頭おかしいんじゃねーの?って思うこの4連コンボ

終わってもまだ全山縦走は半分ちょっと

 

 

しかーし!

菊水山を克服した俺

まだ、体力は充分

時間は12時ですが、昼休憩は掬星台でまとめてとってしまおう

今の俺なら、摩耶山も余裕だぜ!

(一級フラグ建築士

と本日2本目のアミノバイタルを摂取!

悠々と歩を天狗道へと進めたのだった

 

つづく