やまねこ登山録               ~人生詰んでる人が富士山頂上を目指すだけの話のその後~

仕事(ブラック)にもプライベート(独身ボッチ)にも負けず…登山素人ながら富士山に登り終え、その後の登山日記。まだ見ぬ絶景とネコを求めて、関西を中心にふらふらといろんな所へ行っています

早春の尾道旅行  海と古寺と坂道…そしてネコである

f:id:adera:20190317175047j:plain

夕暮れ時に千光寺公園の展望台から…瀬戸内海に面した港町…

 

f:id:adera:20190317180204j:plain

しまなみ海道が遠くに見える

どこか、神戸に似てる…気がする…(個人の感想です)

f:id:adera:20190317180523j:plain

f:id:adera:20190317180651j:plain

歴史のある古い建物と入り組んだ坂道。そして…
f:id:adera:20190317180356j:plain

そこに息づくニャンコ達…


この町は、そう…文学と海の町。尾道

 

まあ、もともと、温かくなってきたし

どこかに猫の写真を撮りに行こうかな?と、思ってたんですが案の定、あまり休みが取れずに断念。

でもせっかくだし、土日で行ける所、どっか無いかなーと、探してて見つけたのが、この町です。

 

志賀直哉とか林芙美子とか…(他にもたくさん)ゆかりのある文学者、文学作品が多数あり、

大林監督の尾道三部作をはじめとする多くの映画の聖地でもあり

そして、オタク……いや、結構色んなアニメ作品で取り上げられてるらしいのですが、

意外にも俺は一つも知らなかった…

PCゲー(俗にいうエロゲ)に特に多いみたいさね。俺、PCゲーは、シュタゲしかやったことないし←何の自慢やキモヲタ

 

f:id:adera:20190317183240j:plain

まずは、高速バスで福山駅へ。

そこから電車で4駅。神戸から3時間半くらいでつける。めっさ近い。

帰りは新幹線を使ったのですが、それなら2時間ちょっと…。

こんな近くにこんな良い土地があったとは…

 

福山に来ると、もうそこは広島の勢力圏。

ついてるテレビは全てカープ戦(オープン戦)

人の会話は広島弁

電車に乗ってた学生カップルの女の子が

「~って言ったけん!信じられんじゃろ?」

とか言ってたのが、かわいかった。

↑お巡りさん、この(以下略

 

f:id:adera:20190317183548j:plain

そんな、こんなで尾道着いたけん

↑影響受けるの早すぎ。でも多分、使い方間違っとるで、広島弁

 

じゃけん天気わるいけん…

↑もうええっちゅうねん。

 

ちょうど昼時だったので、先ずは腹ごしらえ。

尾道と言えば、こちら…

f:id:adera:20190317184529j:plain

尾道ラーメン!まあ、基本ですね。

魚介ベースの、しょうゆラーメン。背油でパンチを出す…

まあ、よくあるっちゃよくある(こっちがオリジナル?)

そして間違いない味…。麺が平べったいのも特徴。これがなかなか独特な触感でいい。

駅を降りた所のすぐにある店で食べました。満足。

f:id:adera:20190317191954j:plain

食べたら、坂道エリアに行って猫を探します。

っていうか、今回、他に予定は無い!←

折角なので古寺めぐり…なる標識に沿って歩く事にした。

f:id:adera:20190317192213j:plain

天気がちょっとずつ良くなってきた…。

風光明媚な町が姿を現します。

f:id:adera:20190317192430j:plain

第一猫発見。さすが尾道

本当に、大量にいるわけではないが、歩いていたら一定の確率で遭遇できる…そんな町。

そして、それぞれのニャンコが結構個性的。

こいつは、マイペース。

f:id:adera:20190317192704j:plain

f:id:adera:20190317192712j:plain

曇ってたせいもあって若干寒い。でも春は少しずつ…。

f:id:adera:20190317192825j:plain

坂道で普通にすれ違う。

もちろん。エサをねだって来たり、遊んでほしそうにしてるヤツもいる。

ネコ好きにはたまらない町。

f:id:adera:20190317193009j:plain

ネコの細道…。ここも言ってみようと思ってた所。

f:id:adera:20190317193335j:plain

ちょっと分かりにくいけど、屋根の上で昼寝してます。

のんびりしとるなー。

まだ、春が浅いからか、週末でもそんなに人はいません。

f:id:adera:20190317180523j:plain

なんて、おもって歩いてたら、また雨が降ってくる。

f:id:adera:20190317194116j:plain

雨宿り中に出会った子…。首輪してるし、どっかの飼い猫かな?

一応、顔出しNGで。

f:id:adera:20190317194315j:plain

f:id:adera:20190317194323j:plain

f:id:adera:20190317194329j:plain

ここが猫の細道
ひなびた石段の道の両側にネコの雑貨やカフェが並ぶ、観光スポット。

ガイドブックにも載ってたからか、結構人通りがある。

名前のワリに本物のネコは………

f:id:adera:20190317194342j:plain

と、思ったら、終点付近に一匹おった。

f:id:adera:20190317194647j:plain

f:id:adera:20190317194708j:plain

尾道を見下ろせる千光寺の展望台に到着。一応、今回の目的地。

ネコがいっぱいたむろってるって噂だったが、あまりいないようだ。

 

ここで、いっかい麓のホテルに荷物を置きに行き、

再び、坂道を登る。

(行けば解りますが、千光寺まで登ると結構足に来ます。ロープウェイもあるくらいですから。何回も徒歩で登り降りしてるのは、本当に登山趣味のなせる技。)

f:id:adera:20190317195120j:plain

ここでネコがたむろってる広場を発見。

もう少し季節がすすめばお花見とかできそうな場所

っていうか、休憩がてら少し座って、バスの中で食ってて余った、おやつを食べてたんすけど、

ふと横をみると御覧のありさま…

エサやりはどこの町でも、NGですんで一応…

 

今日は一つ、最終決戦秘密兵器を持ってきたのです。

f:id:adera:20190317195407j:plain

ネコじゃらしー。ネコと仲良くなるために持ってきた、これ。

ここが使いどころと、思い切って出してみると…

f:id:adera:20190317195527j:plain

想像以上に食いついてきて、若干引く。←おい

この毛みたいな所を爪と歯ででむしり取ってくるのよ。本当。

そして、食いついたらなかなか離さない。

いや、最初は面白かったのですが、これを使うと……

写真が撮れない!

使いどころは悩みます。

 

これも食いつかないヤツは全然くいつかない。ネコの個性って面白い。

f:id:adera:20190317195900j:plain

お?さっき坂道ですれ違ったやつやな。

なんか屋根の上に登ってて、いい感じの写真が撮れた。

 

f:id:adera:20190317200049j:plain

f:id:adera:20190317200056j:plain

f:id:adera:20190317201047j:plain

ここで一つ、食べ歩き…

ガイドブックに載ってた、ネコの手パン工場(字面は違います)なるお店。

本当に何もない坂道にとつじょ、観光客の行列ができてます。

小さなパンが店先に並んでて、お客さんは一人ずつ、小さな小窓を通して店の中からトレーとトングを受け取り、欲しいパンを自分でとって小窓に渡すシステム。

その小窓のすぐ横はようやく人一人が、パンを作れる広さのスペース。小さなお店。

シナモン味のフレンチトースト

白あん入りバターパン。

クリームチーズの入ったシナモンロール

メロンパン…

どれも小さいんで色々選べて楽しい。そして、おいしい。

次は是非焼き立てを狙ってみます。

f:id:adera:20190317204551j:plain

f:id:adera:20190317204603j:plain

こいつも猫じゃらし大好き。

f:id:adera:20190317201405j:plain

少しボケたけど、港をバックに佇む猫。

f:id:adera:20190317201700j:plain

独身男が見てはいけないもの…

この前を通りかかった時に、仲の良さそうなカップルに写真を撮ってくれと頼まれる…悲しい独り者…。

若干、嫉妬の念が心によぎるも、まあいいかと

一枚とってカメラを返そうとしたら、

「あ、続けて何枚か撮ってもらえますか?」

 

……え?

 

そんなわけで、押えても浮かんでくる七つの大罪の一つ(その名はエンヴィー)に耐え、無心でシャッターを押し続けた俺…

頑張った…、お前は良く頑張ったよ…←

f:id:adera:20190317202153j:plain

f:id:adera:20190317202218j:plain

f:id:adera:20190317202311j:plain

f:id:adera:20190317202307j:plain

そんなわけで、夕日に涙をさらして…

一日目の夜は終わる…。

 

長くなったので二日目は次で…