やまねこ登山録               ~人生詰んでる人が富士山頂上を目指すだけの話のその後~

仕事(ブラック)にもプライベート(独身ボッチ)にも負けず…登山素人ながら富士山に登り終え、その後の登山日記。まだ見ぬ絶景とネコを求めて、関西を中心にふらふらといろんな所へ行っています

酒と泪と山とボッチ

今日は珍しく、お酒の話

サントリーウイスキー 響 JAPANESE HARMONY 700ml
 

 

 特に、酒が好きなわけでも、強いワケでもない。

むしろ、生粋のボッチがたたって、飲む日の方が少ない。

だが、嫌いと言う訳でも無く、次の日が休みの時は、

まさにたしなむ程度に嗜む。

 

山登りをするようになって、しばらく…山で夜を越える時に飲む酒を探すようになった。

睡眠導入剤の役割が欲しいと言うのもあるが、やっぱ、

山の壮大な景色に囲まれて夕暮れととか、星空を眺めながら

ゆっくり座って、ちびちびと…大人の酒を飲みたい…

とかいう、まあ、言ってしまえば中二的好奇心を満たしたいのが理由だ

 

だが、山にはどんな酒が良いのか?

 

30を超えた辺りから極端に酒に弱くなり、昔はワインとか好きだったのだが、少し多めに飲んだ程度で酷い悪酔いをするようになった。

日本酒や焼酎は匂いがダメ。

ビールは、味は嫌いではないが…。大量に飲めない。冷やす方法もそうそうない。

↑おまえ、もう酒飲まん方がええぞ。

 

そこで、試してみたのは冒頭のウイスキー

元々、父親が大のオールド好きで、子供の時から家には、ダルマ瓶がいつもあった。

 まあ、中級ウイスキーというヤツですな。

 まあ、酒にあまり強くない身分…口の中が焼けるほど、アルコールの強いウイスキーは避けていて…(まあ、親と同じ酒を飲みたくないっていう、学生時代の中二病(←それやん)を引きずってたのかもしれない)

 

でも、登山と相性良いと思いません?ウイスキーって。

アルコール強いから、ケガの消毒とかできるし(あくまで最終手段

低体温症になった時、体温められるし(あくまで最終手段

ショック状態になった時、気付けになる(あくまで最終手段

 

いや、なんか山でヤバイ状態になるの前提だな。

少量持っていけば、水やお湯で割って飲めるし、

まあ、本来の目的として、厨二好奇心を満たす為…

まあ、かっこいいじゃないですか。ウイスキーって

 

 

そんなわけで、昨年辺りから、オールドだの角ハイボールだのからコツコツと飲み始め、

あれ?意外とうまいやん。って感じで結構飲むようになってました。

 

そして、以前、明神平で行ったテント泊でウイスキーを持っていき、

あの星空、寒空の下、シェラカップで温めたお湯で割って飲むウイスキーのうまさに感動。

大人の雰囲気の良さにはまり、

めでたく私はウイスキー党山岳部に入党したのであります。

↑ニワカファン誕生の瞬間であった。ってか、何その部?

 

adera.hatenablog.com

 

 

と、前置き長くなったけど、

こっから本題…

っていうか、ウイスキー好きの人はもう大体想像がついてると思うのですが、

 

そうですね。響17年と白州12年の販売中止…

まあ、ウイスキー関連でネットに嫌っていう程情報は上がってますので詳しくはそちらを…

 

だいたい、オールドは一瓶安い所で1500円くらい…

それに対して、白州12年は8500円、響17年は12000円。(この騒動になる前の値段。今はもっとする

この段階でもニワカファンが買う価格ではありません。

ニュースが出た時はあまり関係は無いのかな?って思ってました。

が…

私は、普段はオールドを飲みながら、ちょっと良い酒が飲みたい時は響のノンエイジを買って飲んでたんですが…(やっぱり、香りが違うと思うのです。オールドは、アルコール的なにおいが若干キツイような…←目隠しして飲んだら絶対間違うヤツの前振り

 

異変に気付いたのは1か月前くらい…

家にストックしてあった響の残量が心もとなくなったので、近所のスーパーに買いに赴く。

最後に買ったのは3月くらいだったか?(ちなみにこの時、ノンエイジ響は5000円弱だった)

このスーパーには、響と白州と山崎が並んで売っていた。次は白州か山崎を試してみても良いかな?なんて思っていただが…

 

そう…無いんですよね。もう、響も白州も山崎も…ノンエイジとか関係なく無いみたいです。

まあ、風評もあるんでしょうが…今後、これらの銘柄も飲めなくなると思った人達が、一気に買い占めに走り…もともと、原酒がないうえ、「マッサン」の影響でウイスキーブーム。販売中止になる銘柄意外の酒も……って感じらしい。

酒の事は良く解らんのですが、近所の酒屋さんで聞いてみると、今後下手したらいわゆる不足している原酒を使っているブレンドウイスキー全体の流通量が減ってくるらしいです。そう、オールドとかもね…。(あくまで噂で正確な情報ではないですよ。

事態が落ち着くのは5年からあるいは10年?とか言ってました。

 

ネット販売ならまだあるみたいですが、ノンエイジ響は現在9000円…倍近い値段になってる…。酒屋さんの情報を正しいと仮定するなら、本当のファンは、それでも買っといた方が良いかもですね。私は…どうしよう?←おいウイスキー党山岳部

 

先週、近所の別のスーパーに白州が売っていたという母の情報を受け、「買っといてくれよー」と、心の中で叫びながら買いに走ったら、もう無かった…。

 

残っている最後に買った響が今や貴重品

 

まあ、ウイスキーサントリーだけでないし、日本だけではありません。他の会社や本場スコッチをはじめ、海外の物に手を出してみるのも良いかもしれません。

 

まあ、山にはそんなに大量に持ってはいけないし、そんな高い物をもってく必要もない気がする。

また、サントリーが飲める日を楽しみに、色々飲んでみることにしましょうか…

f:id:adera:20180819144848j:plain

家から見える六甲山の夕陽

昨日今日と涼しかったし…もう少し気温下がれば六甲山行けるんだけどね。

(天気予報見ると、そんなに甘くなさそう…