やまねこ登山録               ~人生詰んでる人が富士山頂上を目指すだけの話のその後~

仕事(ブラック)にもプライベート(独身ボッチ)にも負けず…登山素人ながら富士山に登り終え、その後の登山日記。まだ見ぬ絶景とネコを求めて、関西を中心にふらふらといろんな所へ行っています

雑記が書ける幸せ

グレートトラバース3見てます

九州の山…由布岳とか阿蘇とか行ってみたい

 

多分、次くらいに田中氏が通るであろう、四国は剣山↓

これは隣の次郎岌への縦走路

天気が、もう一つだったよな

f:id:adera:20180512165735j:plain

 

 

〇ヲタクに充実した休日は難しい

 

 

突然、ですが、風邪をひいていました…
明神平でキャンプしたのは、関係ないとは思うのですが

GW前中後が滅茶苦茶仕事忙しかったのに加えて、GW中の休みが全部明神平にとられていたので体力がゼロだったのは、大きな原因だったかもしれません

 

前半の3連休は六甲山と愛宕山に行って、後半は明神平でキャンプ…

なんか、字面だけなら恐ろしくアクティブなGWを過ごしていますが…

やはり慣れない事をするものではないですね…

 

GWにキャンプに行った事は職場にばれてるので

そのせいと、言われないように、今週は必死に働きました…

 

そして、この風邪がやたらしつこい…未だ、気分すっきり治ってくれないので、今週は登山を休んで、ゆっくりする事にしました

 

なんか、休日なのに早起きしなくていい…、だから、前日夜更かしできる…とか、3日前くらいから天気予報をチェックしなくてもいい…とか

朝、二度寝できる…とか、朝から、撮り為してたアニメ見れる…とか、昼寝できる…とか、すげえ久しぶり

↑言ってる事はアクティブなのにヲタク

 

誰も得しない今クールアニメ見てるやつ評

 

ヲタクに恋は難しい

お前らみたいな美男美女リア充ヲタクが居てたまるか!ある程度大人の恋愛を描いた作品…なんだろうけど、私には、もう戻れない若さ溢れるかわいらしい恋愛に見える(←うん。こんな、リア充感あふれる、しかもヲタを共有できる恋愛なんてなかったけどね)俺も年をとったな…。って思いながら、毎週見てる。

夕立のフィギアと交換条件なら、女装できるかも…
↑お前がやったら、大惨事

 

ヒナまつり

もの凄く、自然に親しめる…なんでだろう…と思ったら、これは銀魂に似てるからか…ツッコミとか…。なんか中毒性があって、繰り返し見ちゃう

 

ソードアートオンラインGGO

SAOは最初のヤツが一番好きで、他はもう一つだったんですが、これは面白い。

 

ハイスクールDDは京都の名所に詳しくなった今だから楽しい

 

で、本題

山と食欲と私 7 (BUNCH COMICS)

山と食欲と私 7 (BUNCH COMICS)

 

 山と食欲と私 の新巻…結構、前に読んだけど…

色々と、良い話が多かった巻でした

 

1.鮎美ちゃん。ようこそ、関西へ(←お前は、関西の何?

若社長、嫌われてるワリに、結構有能やん。

蛭村さんはフェードアウトっぽい?

そして…ポールウィンナーって東京に無いの?!!!(今年一番の衝撃)

俺は魚肉ソーセージより、こっちの方が好き

そして登山は金剛山デース!!←

…行った事無いけど、定点カメラは結構有名。一回、写りに行ってみるか

↑やめろ、クズボッチ

六甲山に来てくれても良かったのよ?(←お前は六甲山の何?

 

2.愛車のジムニー、が廃車になった理由に笑ったwww

肉は美味そうだったけど、この人、本当に何やってる人なんだろう

 

3.スマホの電源は切るものでは無い!落ちるものだ!(充電器忘れる。寒い。暑い。そもそも電波が無い。なのにWIFIをONにしたままにしてて消費が早い)

っていう、登山家あるある←お前だけやろ

本当に、登山やってると、スマホの電源切る事に違和感ないよな

 

4.仕事で嫌な事あった時。この真っ黒になったまま、山道を歩いていて、少しづつ自然に癒されたり、疲労でどうでも良くなってきて、頂上に着くころに、ふっと自分が帰ってくる感じ…凄く解る(←かなしい社畜登山者の共感

 

5.少年…そうか、鮎美ちゃん良い匂いだったかあ…(←お巡りさん、このry

何気に、鮎美ちゃんモテるんだよなー。性格良くて、料理が出来て、多分、見た目もハイスペック…

人見知りと、ファザコンが無ければ、リア充確定なのに

 

6.そして、この巻のメインは滝ちゃんでしたね…なんか、随分、よく話すし、積極的だし表情豊かで、珍しくヒロインやってる…と、思ってたら、そういう事か…まあ、蛭村さんと違って、今後も話に絡んできそうだし、いいか…

人力車の引手の旦那さんの人生、羨ましいなあ…まあ、元々、山岳部だかなんだかの人なんだけど、嫁さん連れて移住してっていう、その自信と行動力が凄い。俺には無理だ。体力無いし

 

7.そして、最後の話の料理は絶対に作らない!

 

 

そんな、こんなで久々にヲタクを満喫した休日でした。たまには、こういう休日も作らないと、リア充になっちまうからな←いや、ボッチな以上無理

そんなわけで、GWの薊岳からの景色で〆

f:id:adera:20180505202139j:plain