やまねこ登山録               ~人生詰んでる人が富士山頂上を目指すだけの話のその後~

仕事(ブラック)にもプライベート(独身ボッチ)にも負けず…登山素人ながら富士山に登り終え、その後の登山日記。まだ見ぬ絶景とネコを求めて、関西を中心にふらふらといろんな所へ行っています

肩にー食い込むーザックーにー耐えてー  大型ザックを背負う

f:id:adera:20180417172047j:plain

え?休んでいいんですか?

 

ああ…超勤対策ね…

ま、いいすけど…(このブラックが…

 

 

そんなわけで、急に増えた平日の休日

数年前までなら、急に休めと言われても何もする事が無い!

って感じで寝て過ごすんですが、

今の私には登山がある!

さて、何処へいくかな…

 

前から行ってみたかった吉野の桜とか、

HP見ると

もう、今年はとっくに見ごろを過ぎていた

何より今日天気悪いじゃん……午後から雨だって

 

そんなときは、六甲山

かねてよりやりたい事が一つあった…それは…

先日購入したバルトロ65の試運転…

っていうか、無駄に重たい荷物をしょって、山道を歩いてみたい!

そう、滝ちゃんの旦那さんみたいに!

↑詳細は山と食欲~の5巻を見てください

 

 

山と食欲と私 5 (BUNCH COMICS)

山と食欲と私 5 (BUNCH COMICS)

 

 

いつかは、テント泊装備で3000m峰を縦走する…って事もあるかもしれない

(↑いや、可能性ゼロじゃないし

その時を見越した登山修行です

 

さて、登山当日の朝…とりあえず、

バルトロに、テント泊セットを一式…

その後、無計画に

家にあったペットボトルをポンポンと中に放り込む…

二リットル1本と…飲み水とは別にとりあえず4本…

これで約4キロプラス

ちょっと背負ってみるか…

 

………重………

 

マジで?

重力100倍修行室かよ…(←

体重計に乗ってみると、いつもより約17キロプラスの体重

後ろに体が引っ張られる…

確かヤマノススメで、一泊2リットルとか書いてたから

当然、2泊以上…そして、水場が無い山行では

これを背負う日も来るかもしれない…

当然、これに着替えだの食料だの調理器具だの…含めて

 

マジで?

葵ちゃんも、鮎美ちゃんもこれ背負ってたって事?

いや、おかしいだろ?

 

しかし、これでも、全山縦走を完歩した、おっさん…

OLにも女子高生にも負けてはいられません

 

とりあえず、背負って歩き出してみました

住𠮷道から、ロックガーデンコースに合流する、低予算コースです

 

 

adera.hatenablog.com

 

 

歩き出して、一時間…

当然、いつもより歩は進んでいません

f:id:adera:20180417175512j:plain

わかる人にはわかるこの池まで1時間弱かかった…

そして、一歩一歩の重さがいつもの比じゃない!!

なんだ、この山行…六甲山やぞ、ここ

 

そして、ある重大な事実に気付く…

エストベルトがあると、肩の重さが腰に分散される…

っていうのが、大型、小型にかかわらずザックの売り文句

 

だから持つのが楽だと…

確かにその通り…

だが……

 

足が支える重さは一緒やん!!

 

 

登山を始めて3年目の春、衝撃の事実に気付く…

↑アホ

テント泊する人、みんなこれを背負っとるのか?

 

そしてチェストベルトを外し忘れて

腰と肩を緩めると

空中元彌チョップ状態で

ワンチャン死ねる

皆さんお気をつけて

↑お前がアホなだけ定期

f:id:adera:20180417175721j:plain

あ、山つつじが咲いてる…なんて、楽しんでる余裕もありません…

天気も悪いしね

 

ロックガーデンコースに合流した時に小休止…

すでに2時間弱が経過している

 

汗だく……息切れ…もうヤバイ…

そして、ここからは、いつもタイムトライアルで苦しめられる心臓破り…

七曲りが待っています…

 

流石にもういかんな…と、持ってきた飲み水用の500mlを飲み干すと、重り用の500mlに手を伸ばす…

そう、飲んで軽くする!(←サル並の発想

 

そんなわけで、帰りまでに2リットルを飲み干す

かなり、汗かいたんで、それでも飲み過ぎた感はしなかったです

↑飲みすぎは危険なので皆さんはお気をつけて

f:id:adera:20180417180502j:plain

天気は悪いし、なんか頂上で大学のサークルっぽい奴らが

パーティーを始めて最高峰の棒が撮れへん…

f:id:adera:20180311180145j:plain

↑これ 以前撮ったやつ

 

くそう…平日の昼間からパーティーなんかしてんじゃねーよ

↑平日の昼間から、ボッチ登山してるお前が言うな

 

でもさー標識の周りは空けるべきだよなー

写真撮りたい人もいるわけだし

 

まあ、そんな主張するつよさは当然無く…

 

 

後から来た奴らが、飲み物とか弁当とか大量に運んできたのを見て、写真は諦めた

 

昼飯食ってから下山開始

 

食ったり飲んだりで軽くなったとはいえ、

やっぱ、重い、肩に食い込むザック

↑タイトルのこの歌、もうあんまり歌われないんやね

 

そんなワケで、まさに足をひきずりながら

命からがら家に戻ってくる

 

もうダメダメな山行

 

まあ……それでもテント泊山行…歩けなくはないか…

そんなに長い道じゃなければ←弱

 

そして、久々に足にマメができた

 

 おい久々に履いたスポルティバあ……

 


スポルティバ 兄さん、たぶん、それ私のせいやありません



誰が兄さんやねん…

まあ、久々だけどいい靴やったよやっぱり

まあ、歩き方も要研究ってことだな

 

 

定期的に、この過負荷トレーニングは続けたほうがいいな…

テント泊してる人たちって皆凄いんやね

(海辺の過負荷とか、変身とかでネタを書こうとしたけど、つまんなかったのであきらめる)

 

ああ……なんか、一気にテント泊への自信が無くなったな…

 

 

って感じで、テンションダダ下がりだったのですが…

 

帰ってザックを整理してると……

500mlを4本飲んだから、空が4本と2リットル入りの水が一本…

 

……あれ?

 

バルトロに手を突っ込むと空のペットに続いて、

未開封の500mlが4本出て来る…ん?

なぜだ?入れた覚えないぞ

 

 

記憶をたどる……あ……

 

俺は昨日、寝る前に4本あらかじめ入れて置いた

そして、朝起きてさらに……

↑アホか、ってか、背負ってみて気づけよ!

 

 

いや、6リットル背負ってたんですな……

どうりで重いワケだ…あっはっは…←まず、スポルティバに謝れ

 

ま、まあ、水場があるテント場とかにすれば、もっと水少なくて済むし

これは大型ザック背負ってでも山道を歩けるって言う強い自信になりましたよ!←黙れ

 

とにかく、当分、頑張って修行です

 

 

 ※滝ちゃんの旦那さんは2リットルペット10本をザックに入れて、水だけで20キロを通常の山道で持ち歩く怪物です。良い子の皆さんはマネしないでね←出来るか!