人生詰んでる人が富士山頂上を目指すだけの話のその後

人生詰んでるぼっちが、素人ながら富士山に登り終え、その後の登山日記

伊吹山登山記 第2章 急に会いたくなって伊吹へと馳せる

f:id:adera:20171008170927j:plain

やべえ、寝過ごした

朝5時の伊吹SA…

3連休ですし、ここ最近六甲山ばっかだし

多分、あと一か月くらい六甲山だし

今日くらいは……って事で

 

どこの山に行こうかな?と、思ったんです

大山か…

兼ねてより企画してた九州は由布岳に行くか…

 

で、九州に行くにはちょっと、金が…

いくらなんでも、今年使い過ぎ(涙

大山は、夜行バスで行って、その後、どうしようか企画が立たず…

 

で、ふと思いたったのが、伊吹山

そう、前回初めて登った時、足首捻挫してひどい目にあったあの山…

 

……

 

まあ、そんなリベンジ精神程ではなく、また、あの景色が見たくなったんですよ

琵琶湖の絶景。何よりも、私が一目ぼれしたあの伊吹山の佇まい…

急に見たくなったし、三連休だったし、天気もいいし…

愛車(親の)を駆って出発だぜ!

そして、何気に、ガソリン代と高速代で結構金がとぶ(←涙

 

この行きあたりばったりさが、ソロ登山の醍醐味ですね

そうソロ…(涙

 

早朝出発でも行けるんですが…なんか、一人になりたくて、前日車中泊にしました(←いや、お前いつも(以下略

まあ、これでも…本当にこれでも大人のハシクレ

誰もいない所で、物思いにふけりたい日もあるさ

 

 

んなわけで…

 

f:id:adera:20170430190708p:plain

登山口に到着…写真は前回の使いまわしです

前回より30分程遅くなった

いや、前回車中泊したら、寒くてあんまり眠れなかったんで

毛布一枚持ってったんですよ(シュラフ買えよ…

そしたら、もう快適で快適でぐっすりで、予定時間よりも、オーバーして寝てしまいました

っていうか、この日の夜はあんまり寒く無かったですね。はい

 

 

なんとか、空いてた民宿の400円駐車場に車を入れさせてもらい

いざ、伊吹山へ出発

f:id:adera:20171008182130j:plain

地味な一合目までの登山道(葵ちゃん談

前回帰りに捻挫した因縁の道

相変わらず、ぬかるんどりますが、あの時よりはマシかな

f:id:adera:20171008182300j:plain

降水確率0%ー!!!

気象庁「晴れるとは言ってない

 

あれ?シラカバショウマってもっと白くなかったっけ?

形も試験管タワシみたいな感じで…???

あ、そうか、もう花の季節は終わっちゃったんだ…残念

ここで、このザマって事は季節が暮れるのが早い山頂では……

f:id:adera:20171008182654j:plain

 

そして、道は3合目のあの場所へ…

f:id:adera:20171008183342j:plain

 

ああ……一番見たかった3合目手前の伊吹山全容……

霧が出てやがる……早すぎたんだ……(登る時間がね

これを見たかっただけに、ちょっとへこむ…

 

 

いや、風が出ててる

まだだ……まだ終わらんよ……

f:id:adera:20171008183120j:plain

おお……でも、もう一声

f:id:adera:20171008190612j:plain

おお……

f:id:adera:20171008190651j:plain

f:id:adera:20171008190724j:plain

f:id:adera:20171008190807j:plain

やったぜ!

↑以上の葛藤全て、見た目はおっさんが道で佇んでいるだけです

 

いやー。でも良かった。本当にこれが見たかったんだよ

壮麗……かな、一番しっくりする言葉は

立山、奥穂高剱岳

圧倒的スケールの名だたる名峰を見て来た今年の登山だけど、

標高も低く、スケールも小さいこの山に、どうしようもなく心惹かれるのは

何なんだろう

まあ、男性的なかっこよさと女性的な美しさかな

それらの名峰との違いは

 

 

そして、よく見ると、ススキが良い感じに

そういえば、曽爾高原行ったのも去年のこの三連休だったっけ?

まあ、今年はコレで良いか

f:id:adera:20171008191935j:plain

 

標高1300でも雲海って見えるんだ
星とかきれいだろうな 

 

f:id:adera:20170430192844p:plain

f:id:adera:20170430192708p:plain

で、山頂に到着、上の2枚の写真も使い回しです

っていうか今日めちゃくちゃ暑い

10月なのにホンマ…

汗まみれでヤマトタケルにご挨拶してたら

山小屋のオジさんに心配そうにされる

売ってたカキ氷食べようか本気で悩む

 

この山のヤマトタケル伝説はあれですね

もののけ姫のモデルなんだろうな

確証は無いが

 

f:id:adera:20171008192111j:plain

f:id:adera:20171008192123j:plain

お花は、もうほとんど枯れてしまってましたが、景色は良好……

ひとしきり楽しんで写真を撮ろうと、前回、景色の良かったスポットへ向かう……

のですが……

f:id:adera:20171008192223j:plain

ああ……、突然ガスってきた

ここからの眺め、前回最高だったんだけどな

f:id:adera:20171008192338j:plain

泣く泣く撤退、さらにしかし……

f:id:adera:20171008192435j:plain

f:id:adera:20171008192450j:plain

f:id:adera:20171008195034j:plain

f:id:adera:20171008195041j:plain

下山している途中に、すっきり晴れました

晴れたり曇ったり、人生みたいな登山

ああ、やっぱ琵琶湖はいいなー

っていうか、伊吹山はいいなー

 

 

f:id:adera:20171008192619j:plain

下山しながら1枚……

今日は捻挫しませんでした

(↑めっちゃ慎重におりた人

 

スポルティバ「だいぶ慣れましたな。兄さん」

 

誰が兄さんやねん…

でも、ありがとうスポルティバ

f:id:adera:20171008192818j:plain

いつまでも見ていたくなる景色

2回目ですが、この景色と山の佇まいが本当に好きで

降りるのが嫌でいつまでも居たくなる山です

 

 

もう、雪山になるだろうし、今年はここに来るのは最後かなあ……
何気に遠いし、金が…(電車とバスでも来れるとは思うんですがね

 

???「来年も来てね。絶対よ」

 

………

(↑山の擬人化も悪くねえな…とか、キモイ想像を一瞬でもしてしまった自分に絶望している、沈黙)

 

でも、きっと来年も行くだろうな、この山には

 

 

 

www.yamarec