読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人生詰んでる人が富士山頂上を目指すだけの話のその後

人生詰んでるぼっちが、素人ながら富士山に登り終え、その後の登山日記

ドラマを見た話

雑記

 

山女日記 (幻冬舎文庫)

山女日記 (幻冬舎文庫)

 

 さて……やはり、登山するものとして書かなくてはいけない

NHKBSで今やってるドラマですね

登山ブームとやら(実際ブームなんてあったのか?)の昨今

今年は山の日制定もあってか登山番組が多く

ついにNHKでもドラマが出来ました

現在2話まで放送。明日3話放送かな

思えば「相棒」以外のテレビドラマ見るの

本当に久しぶりでした

ネタバレ注意

 

 

山女日記でNKHドラマというタイトルを聞いて

俺が予想したストーリー

 

 

都会生活に疲れた女が、

一念発起して(もしくは仕事に失敗していやいやながら)

山に関係する職場へと転職する

慣れない仕事、個性的な登場人物達に四苦八苦しながらも

少しづつ仕事に適正を発揮していく

最終的に、人間として一回り大きく成長

仕事仲間と素敵な恋もあるかもね……

 

 

と、こんな感じ

この予想裏切るなよ……絶対裏切るなよ……絶対だぞ……

 

 

 

 

で、第1話視聴後の感想

 

 

………

裏切れよおおおおぉぉぉぉ!!

まさかここまでテンプレでくるとは

いや、流石はNHKというべきか……

まあ、嫌いじゃないからいいけど

 

良かった点は

演出上は、なんか登山番組をストーリー仕立てにしました

みたいな映像の感じの所

一部合成っぽい所もあったけど

ちゃんと現地でロケしてるんでしょうね

まあ、そんな感じで色々技巧をこらしてるから

ストーリーはシンプルな方がいいのかもしれない

テンプレってのは王道って事でもあるんでしょうし

何より原作、湊かなえなら

オリジナリティの方もきっと大丈夫なんだろう

 

まあ、登山ファンとしては、ずっと見ていくのは間違いないんで

いろんな山の映像とともに毎週楽しみにするか

 

 

いや、しかし登山ガイドって大変ですよね

私は山で、その人種とは会った事ないんですが

いろんなサイトで見てあまり良い印象を持ってませんでした

富士山登山の時に特によく見た……

まあ、あの山は特殊だろうけど

 

山に慣れない人、特に自称中級者をバカにした物言いとか、

そもそも、素人は相手にもしないとかetc、etc…

 

 

まあ、山は彼らにとって職場であり聖域

荒らされたく無いってのはあるんだろうけど

殿様商売なんだろうなーとか、勝手に思ってました

 

 

いや、でもこのドラマを見て素人の

勘違いっぷりと迷惑っぷりって

とんでも無いのなーって改めて思いました

俺も気を付けないと

そんな奴らをお客様として接待しながら

厳しい山を安全で楽しい場所に維持していかなくてはいけない

ガイドさん達の苦労には頭が下がります

 

 

以下、

2話までのドラマに出てくる素人及び自称中級者達への突っ込み

 

「登山靴だけは実際に履いてから買わないと…」

↑いや、買った男も元山岳部やろ、なんで知らないんだよ

 

「ちょっと、仕事の連絡が……」

↑おい、その女を目の届かない所に行かせちゃダメだ!

 

「そのまま一人で帰っちゃったとか」

↑ほら見ろー!!

 

「ザックとって15分くらい前に出て行きましたよ」

↑一本道を追いかけてきたのに15分差があるって、放置しすぎだろ

 

「山では皆、一緒に行動するのが基本でしょ?」

↑いや、ガイドさんの指示に従って臨機応変に……

 

「男なら、それくらいはっきりしてください!」

↑いや、男はガイドさんの指示に従って、その場にいるべきだって言ったやん、あなた、自分の意見が通らないからヒステリックになってるだけやん

 

「そんな、決断も出来ないで、それで私を口説き落とせると思ってるんですか?」

↑……

 

「なんで勝手に一人で降りていったりしたんですか?」

(見せるLINEの画面)

↑いや、関係ないよね!あなたが深く傷ついた事と、他の人を下手したら巻き添えくって遭難する危険にさらした事、絶対関係ないよね!

 

トリカブト、食べたら死ねるかな?」

↑一瞬、「試してみたら?」と、思ったのは俺だけじゃないはずだ

 

「山に登ってるとき、本当に苦しい事がある(略)でも、そんな裸の自分になれるから、何度も山に救われてきました……」

↑いい事言ってるけど、根本的に……

 

「だって、大好きな人を産んでくれた人だもん。大事にしなきゃ」

↑いや、関係ないよね!あなたが、不倫相手の母ちゃんを大事にしてる事と、友達が婚約者から義母と同居を頼まれて悩んでいる事。

だいたい友達の方は、実家で同居だからね。多分、全く別問題だからね。何、良いアドバイスしたみたいに言ってるの?

 

「山に持ってらっしゃい。これ全部。疲れると甘いものが欲しくなるのよ」

↑いや、関係ないよね!荷物、過積載で同行者にさんざん迷惑かけた事を、何、母ちゃんのせいにして良いエピソードにすり替えようとしてるの?

 

「会えるよきっと」

「私もそう思うよ、部長なんて関係ない!」

↑いや、それは関係あるやろ!会いに行ってもいいとは、思うけど

 

「私も現実から目をそらしていただけ。どうなりたいかじゃなくて、どう愛するかなんですよね」

↑悪いのはどう考えても、同居の話を結婚ギリギリまで隠してた婚約者なんだよなあ……まあ、女性の方にも原因があったのかもしれんし、結婚に関しておれから言える事は無いんだけど(涙

 

「バブルの慣れの果ての私です……」

↑ごめん、もう、あなた達の事、どうでもいいや

 

「今度は新しい彼と一緒に来ます!」

↑いや、もう……

 

番外編

 

「この辺なんて、どこかの山をそっくり切り取ったみたい」

↑????

 

「このトンボ玉もここの景色と雰囲気がぴったり」

↑?????????

 

「目的地は過去の中にあるのかもしれません」

↑やかましーわ!

 

いや、なんだかんだで結構楽しめたな。このドラマ

ガイドさんは大変だって話でした