人生詰んでる人が富士山頂上を目指すだけの話のその後

人生詰んでるぼっちが、素人ながら富士山に登り終え、その後の登山日記

本編 富士登山記7  最終章へ 

f:id:adera:20160731012522p:plain

日本で一番高い場所

この目でたしかめたいと思っていた場所

俺の旅の目的地

この物語も最終章なのかも

いろんな思いが…浮かんでは消えていった

言葉にならずに……通りすぎていった

 

以上、

頂上でやりたかったザナルカンドごっこでした

結構、ガチで脳内でやってました

嘲笑気味にやるかと思ったら

結構ガチにセリフが出て来た(あくまで脳内)

気持ちがあの時のティーダと重なる部分もあったのかもね

実際、時間は、午前2時ちょっと過ぎ

まあ、そのテンションですね

 

真っ暗で景色や周りの様子も全く分からなかったんですが

とうとう、富士山頂に到着です

前章からのボロボロメンタルで気分は決していいとは言えなかたんですが

なんとか、たどり着いたようです

 

渋滞は全くと言っていいほど、無かった

早かったからかな

しかし、登ってきた方を見ると、たくさんの人のヘッドランプが列をなして登ってくるのが見える

これから、ご来光の時間にかけて、どんどん混み合うんだろうな

私も決して登山慣れはしていないが、山頂直前のあの登りは結構キツイ、足場の悪い中、暗い中を登るあれは、よほど登山に慣れてない限りそう簡単に進めまい

人数が少なくても絶対に進めない人が出てくる

道は決して広くは無い

これが、山頂付近に毎日できる渋滞の原因か……

やっぱり早く出ておいて良かった

 

と、おもーじゃん……

 

 

 

本当の地獄はここからだったんスよ

 

とりあえず、ご来光を見る為の展望台?のような場所、山頂山小屋の前にある、木のベンチに腰を下ろす。

当然、一番前だ。ここまで来たんだ。この場所は譲れない

 

ふと、横を見ると、自動販売機、

120mlのあたたかいお茶がなんと400円……誰が買うんだよ……と思った矢先、

恐ろしい寒さが襲ってくる

登り終えて急にじっとしたから、体が冷えてきたのだ

話には聞いていた、ご来光待ちの極寒地獄

尋常ではない。心臓から体がガタガタ震えだす

慌てて手袋(軍手だけど)して、レインウェアもフリースの上からはおる、当然、ズボンの上にもズボン型レインウェアを

一個だけ持ってきていた貼るカイロをおなかに貼る

でもちっともマシにならない

 

ガイドブックにはこれくらいで十分だって書いてあったのに…

ダウンは必須じゃねーかよ。

なんで「あれば便利」の方の項目に入れたし……

一番やばかったのは足の小指、登山靴は通気性を意識して作ってあるのか、見た目よりもはるかに足が冷える。

そして、ヒモをキツく結び付けてあるから、血のめぐりがあまり良くない

どんどん、足の指の感覚が無くなってきた

これ、下手したら、凍傷で指切断とかあるぞ?って感じ

あれですね、足のつま先の裏に貼るタイプのカイロ

長いご来光待ちには、あれは絶対必須ですよ。

これ、一番の推奨商品です

それと並んでもう一つ、持ってきた方が良かったと思うのは

これ

 

 エマージェンシーシートっつうんですかね。

防災キットの中に入ってる巨大なアルミホイルみたいなあれ

一番写真が分かりやすかった商品をのっけときます

これは、かなりの人が持ってきてて

かぶってる人は暖かそうにしていた

シュラフを持ってくる余裕のない人は入れて置くべきです

だって、その日は無風だったんですが

風があるときの寒さはこんなものじゃないって話だったので

雨なんて降った日にはいったいどうなっちまうんだこの場所

 

ウチの防災キットにも入ってたんすよ

これも情報不足のなせる業

えーっと、現在午前2時15分だから、日の出予定までは……

約2時間30分……orz

このたびで味わった一番の絶望でした

 

 

そんなわけで、極寒耐久レースが幕を開ける

あ、400円のお茶は迷わず購入しました

とりあえず、足の小指がヤバイ

苦肉の策で靴を脱いで、山小屋で着替えた靴下を出し、二枚履きにする。後は手でひたすら先端を擦る。

これで、かろうじてしのぎました

そして、再び襲ってくる空腹……

これは困った。だって、持ってる食べ物、全部冷たいんですもん

食べたら、低体温症で即死するわ!

多分空腹のせいで、体温が下がってるのもあると思う

これは死ぬ。

冗談でなく、本当の意味で……

そんな折、後ろの山頂山小屋が開く

 

あったかい豚汁、ラーメン、うどん、いかがですかー?注文頂ければ席までお持ちしますよー

 

見るとどれも一杯800円。おのれ、足元を見やがってー!

豚汁購入

入っている具は案の定、麩とこんにゃくばっかり、肉や野菜は殆ど無かった

でもアツアツで上手い。味噌の塩分が体に染みる

 

これのおかげでようやく体が温まった気がします

足のつま先マッサージは続けましたが……

f:id:adera:20160731021132j:plain

まだ、日の出時刻まで1時間30分はあるけど、

空が少しずつ、白んできた

あの夜空ノムコウに待ってる明日は、

またいつもの明日なんだろうな

(中二乙)

 

しかし、さむい!!

 

つづく