読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人生詰んでる人が富士山頂上を目指すだけの話のその後

人生詰んでるぼっちが、素人ながら富士山に登り終え、その後の登山日記

本編 富士登山記3  五合目への道

富士登山記 登ってみた

五合目に至るまでの雑記あれこれ

登山は関係無く、興味ない人は読み飛ばし可

写真も無し

 

 

 

1.バス停

出発は前日夜

夜行バスで梅田駅の南側を出発

考えてみれば、人生初の夜行バスだ

バスの予約などした事無かったので

予約サイトを登録する時、

名前の登録に昔つかってたハンドルネームを入れたら、

たくさんの人が待つバス停の前で、

思いっきりその名を呼ばれてガチで赤っ恥をかいたorz……

いや、マジで書いといてよ……名前呼びますよとかさ、本名限定とかその辺はさ……

みなさんも気を付けてね

 

 

 2.夜行バスは

いわゆる、一人掛三列シート、

ボッチに優しい仕様である

首が痛くなるぞ、と直前に言われ

とりあえず、枕の代わりになるような物を用意して行ったんですが、

枕と毛布はデフォルトなんですね

俺の場合、首と腰はそれで大丈夫でしたが

クッションや、U字型の首枕(ネックピローって言うんですね)

あれがあった方がいいように思いました

 

3.バスの中

外国人客がやっぱり多い

今話題の中国、韓国、だけでなく、本当に世界中から集まってる感じ

その辺は、さすがに富士山です

このバスを使うって事は、皆、バス付のツアーじゃないって事だろうけど、

結構、そんな無茶する人が私以外にもいるんだな、と驚きました

ちょっと、冷房が効きすぎで寒かったけど(乾燥するのでマスクは必須)結構快適に眠れました。

夜行バス開けで登山をする、と言うのが、今回体力的に結構キツイプランだったのですが、そのあたり、なんとか大丈夫そう

 

 

4.河口湖駅にて 

バスは河口湖駅に到着する、

私は終点の富士山駅まで切符を買っていたのだが、殆どの乗客はここで降りた

私の他に残ったのは3名の家族連れのみ

運転手さんが、「ここからでも登山バスに乗れますよ」と、声をかけてきた

早く全員降ろした方が、都合は良いだろう

確かに早めの登山バスに乗れるメリットはでかいが……

私は知っている。

バス始発の富士山駅から乗った方が座れる可能性が高いという事を……

登山バスとはいえ、1時間近く乗る事になる

その間立ちっぱなしは辛い。

家族連れと共に、終点まで行く事を選択する

 

この判断は大成功。

河口湖で降りた見覚えのある人たちと結局同じバスになって、座れない人も何人かいましたまあ、富士山駅から乗る人は少数だったんで、

よほど運が悪く無い限り一人の私は座れたでしょう

富士山駅は結構大きな駅でした

モスバーガーとかあった。

余裕があったらここで朝ごはんでも良かったかも

 

5.山ガール

結構いました。

そういえば、河口湖駅にあったヤマノス…

いえ、何でもありません

今、登山してりゃ、いい山ガールとの出会いがあるんじゃないの?

とか、良く言われます(←だから、ショップ店員ともまともに話せないんだって)

だが、実際、凄いんですよ

話を聞いてたら(盗み聞きしてたワケではありませんよ。人の少ない登山バスで横とか後ろに座ってたら聞こえるんですよ)

見た目は若く、可憐な見た目のお嬢さん達なの

登山経験値がハンパ無い。

まあ、そりゃ、ある程度経験が無いと、女だけで山に登ろうなんて思わないんだろうけど

何?剣岳って山の名前なの?って感じでした

もう、会話だけで近づきようのない恐ろしさ

即ち、彼女達は私から見れば、

巨大な体躯で、鋭い眼光、人を寄せ付けぬ雰囲気、

己の腕以外を信じず、数多の戦場を潜り抜けて来た

そう、メタルギアソリッドとか、ヨルムンのレームのような

そんな風に見えていると、思っていただければ……もう、やめよう、この話題……

 

5.登山バス

実際はバスを降りる前から雲の中だったわけですが、

バスの運転手さんは構わずアクセルを踏んでましたね

怖くないかなあ……まあ、慣れてるんでしょうね

 

6.金剛杖

欲しかったんですけどね。焼き印押してもらいながら登りたかったんですけどね。

トレッキングポールを使うのの邪魔になると思ってあきらめました(涙)

初登頂、単独だけに、荷物は少しでも軽くして不安要素は排除したかったんで……

正直、これが今回一番悩んだかなあ……

一本1000円くらいで焼き印が一回200円くらい、いい商売だな。おい

ザックに入るくらいの短い奴もあったし、もし次があれば……

 

7.溶岩カレー

……山小屋の夕食はほぼカレーだっつてんのに何でカレーを名物にしちゃうかなあ……

五合目で何を食べるか?これ、結構大事ですね

理由は……

 

 

次以降につづく