人生詰んでる人が富士山頂上を目指すだけの話のその後

人生詰んでるぼっちが、素人ながら富士山に登り終え、その後の登山日記

六甲全山縦走

六甲全山縦走大会6 ~総括~いわゆるまとめ

7.感動?の…… そんなこんなで、宝塚にたどり着く しかし、ゴールまでは少しの間、住宅地を歩かなくてはいけない 時計を見ると18時過ぎ…… 実は13時間台でたどり着くのを目標にしていたのです しかし、このままなら、12時間台で着く事が出来そう 自然…

六甲全山縦走大会5 ~終局~長い暗闇の果て

6.黄昏せまる ガーデンテラスを過ぎれば 最高峰下の一軒茶屋まですぐだ ここが最後のチェックポイント 時刻は16時過ぎ

六甲全山縦走大会4 ~激闘~困難を乗り越え、あの場所へ

5.混迷 掬星台に到着 ここ最近来たときはずっともやってたのに、今日はくっきりとホンマにきれい ありがとう高取山……

六甲全山縦走大会3 ~宿敵~決着の時と、終わらない坂道

3.絶望と仲直りする 全山縦走名物、菊水山の登り。その入り口付近 今日は人が多かったので、この写真は前回撮ったヤツ 急な階段と坂が延々と続くこの道 別名、縦走者殺し(←俺が名付けた

六甲全山縦走大会2 ~焦燥~過行く時間と突如訪れるリタイアの危機

まーだ、辺りは真っ暗ですね 1、須磨アルプスを越えたいが…… スタートするとまずは まずは鉢伏山への長い石段 そこへ続く渋滞だが……意外と進みは遅くない流石こんな、どMな大会に出ようって言う猛者達 一人一人のスピードが結構速い……のか? まあ、この段階…

六甲全山縦走大会1 ~出発~そう、不死鳥は何度でも甦る

不死鳥はフェニックスと読むこと 元ネタはラピュタではない 今回も中二っぽくいきます 0.ただ歩くには長すぎる(←古典部シリーズリスペクト 朝5時の須磨浦公園駅…… お、おう……マジか……なんだ、この人の多さは… っていうか、始発で飛び乗った電車の中はす…